トップページ>SLHとは>スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド 英国の魅力あふれる新規オープンホテルをご紹介
スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド 英国の魅力あふれる新規オープンホテルをご紹介

[2021年4月1日] 「人生のシンプルな楽しみ トップ50」について、最近イギリスでアンケート調査を行いました。去年行った調査結果と同様の「シンプル」がいっそう求められているようです。 今回の調査結果でも、やはり人生の楽しみは休暇にあり” となっております。例えばハッとするような景色を見る、日の出と共に起床する、ゆったりとお散歩する、行ったことの無い場所へ行ってみる等です。「旅」においてこそ、人生のシンプルな楽しみを豊かに味わえると断言できます。ここでスモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドはイギリスのサリー、ベルファスト、エジンバラ、ドーノックで新たなホテルをお披露目いたします! 皆様が旅のシンプルな楽しみにもっと浸れるよう・・・。

 

市街地のホテル

Culloden Estate and Spa(カロデン エステート&スパ)(英国、北アイルランド、ベルファスト)

2021年5月末リニューアルオープン

1室分の料金:1泊280ポンド(朝食付き、およそ42,176円)より、全98室

 

Culloden Estate and Spa(カロデン エステート&スパ)

 

Belfastで一番ステキなホテル、「Culloden Estate and Spa」がSLHの仲間に加わりました。北アイルランドでは当グループ唯一のホテルです。Culloden Estate and SpaはHolywood Hillsの斜面にそびえたっています。この荘厳なホテルからはBelfast Loughや無限に広がるCountry Antrim Coastlineを見渡すことができます。お部屋数はスイートを含め98(予約制)。建物はゴチック様式で、かつてBishops of Downの正宮殿として使われていました。昨年、同ホテルはTylariumスパ(スチーム & サウナ)を大胆にリニューアル。その他、巨大プール・ジャグジー・ESPA(スキンケア)もご提供しております!ダイニングのオプションは3種類:

・ステキなダイニング @ The Vesper

・リラックス・ダイニング @ The Lough Bar

・オンサイト・パブ @ The Cultra Inn

 

周囲は世俗とは切り離されたようなガーデン・森林浴場(12エーカー)で、絶妙な調和を醸し出しています。5月17日には「宮殿ゲート」も再オープン。また、Bridgerton風の新アフタヌーンティーをお楽しみ下さい。その他、「Art in the Garden」の美術展も戻ってきます。Dali・Picasso・Warhol・Banksy他の作品をふんだんに展示。そして極めつけはBollinger Busによるアウトドア体験。ラグジャリーな屋外ダイニングもご用意しております。

 

SLHのお薦めポイント:Country Antrim CoastlineはGOT(ゲーム・オブ・スローンズ)でも登場しており、とても有名。世界の海岸線トップ16にも選ばれております。カロデンバイクをハイヤー、ご自分の目で味わって下さい!

 

市街地のホテル

The Dunstane Houses(ダンスタンハウスホテル)(英国、エジンバラ)

2021年5月7日リニューアルオープン

1室分の料金:1泊211ポンド(朝食付き、およそ31,782円)より、全35室

 

The Dunstane Houses(ダンスタンハウスホテル)

 

「Orkney in the City」はエジンバラでこよなく愛されているダンスタンハウス風の建物。都会生活の癒しにピッタリです。エジンバラ中心街から徒歩たったの15分。Orkneyでお酒を飲んではしゃいで楽しみましょう! 名物のOrkneyジンの他、各種ウィスキー。建築の美を味わいながら。二日酔いにサッパリした朝食もご用意しています。 同ホテルはビクトリア朝のタウンハウス二棟(隅々まで修繕)に囲まれています。ダンスタンハウスとHampton Houseが道路を隔てて向き合っている形です。ゆったりしたお部屋がスイートを含め35。エジンバラならではのホテル。 暖かい黄土色。くすんだ橙色に緑がかった青。地元産のツイード・ベルベットの彩りです。ロールトップ・バスに暖炉が味わいを添えています。Ba’ Barは同ホテル24時間営業のスコットランド風ダイニングです。エジンバラのベスト蒸留酒コレクションも。 そびえ立つ宮殿の壁を見上げながら歩いて15分、エジンバラ旧市街へ。数多くの観光客が訪れる有名なPentland Hillsもすぐ近くにあります。神秘的なCramond BeachやGullane、Elieもすぐそばに。

 

SLHのお薦めポイント:パーキングも割安となっています(市街地にあるホテルへのボーナス)。スコットランド探索には7日間ドライビング・プランをお薦めしております。 こちらのロード・トリップではStirling CastleやSt. Andres Loch Lommondなども合わせて見物できます。

 

市街地のホテル

The Mitre Hotel(マイターホテル)(英国、サリー)

2021年5月17日リニューアルオープン

1室分の料金:1泊180ポンド(朝食付き、およそ27,113円)より、全36室

 

The Mitre Hotel(マイターホテル)

 

Mitre Hotelは水際のロケーションにイギリス王家の雰囲気を兼ね備えています。まさにローヤル・ファミリー向けのホテルですが、皆様も女王様気分で!2020年9月にオープンした二つ星認定ホテル。元々、チャールズ2世の廷臣向けに建てられたものです(1665年)。数世紀に渡り何度も復元されてきました。現在はエレガントなホテルに変身しており、お部屋数は36室。Hampton Courtにあるテムズ川の河岸にあり、眺めも絶好です。リラックス & スタイリッシュな癒し。どのゲストルームも二つと同じものは御座いません!というのも、高名なインテリア・デザイナーNicola Hardingがお部屋一つ一つを独自にデザイン。コントラスト & コーデの絶妙なマッチングにご注目下さい。大胆ながらはっきりとした色彩。ちょっと遊び心を誘うような雰囲気も添え、一方で伝統文化への配慮もバツグンです。お部屋からテムズ川やHampton Court Palaceを見渡し、鮮やかな宮廷風ガーデンをお楽しみ頂けます。同ホテルではお食事も主役です。リバーサイドのレストラン(1665年開業)が60カバー = 食器のセット数。CopperNose ブラッスリー & バー(小型レストラン)が70カバー。80カバーのOrangery。世界で最初のスタンドアローン・バー、Whispering Angel Barもリバーサイドのテラスホームでお楽しみ下さい! バガボンド風の旅がお好きな方には、このボートハウス・バーがピッタリ。キリっと冷えたグラスを片手に世界最高級のWhispering Angelロゼを堪能して下さい!同ホテルは5月に再オープンしますが、様々な催し物をご用意しております。バイク & プライベートボートのピクニック、テラスでライブ・ジャズ。ダイニング・クラブ「夏のテースト」など、お楽しみが盛り沢山!

 

SLHのお薦めポイント:爽やかなビンテージCitroen H Van「Polly」で屋外ブレックファストを堪能頂けます。さらにMitreでは遊び心満載のフード・トラックも。休みなく営業しており、朝のペーストリーと極上のコーヒーをご提供。その他、厳選したサンドイッチのセットに舌のとろけるようなスイート。アイスクリームやソルベ(フランス風の氷菓子)も。

 

カントリーハウス・ホテル

Links House at Royal Dornoch(リンクスハウス アット ロイヤルドーノック)(英国、スコットランド、ドーノック)

2021年4月26日リニューアルオープン

1室分の料金:1泊250ポンド(朝食付き、およそ37,657円)より、全15室

 

Links House at Royal Dornoch(リンクスハウス アット ロイヤルドーノック)

 

様々な受賞歴を誇るロイヤルドーノックのリンクスハウス。伝統文化が現代的雰囲気に易々と溶け込んでいます。スコットランド最北にあるラグジャリー・ホテルで、荒々しくロマンチックなスコットランド高原にマッチしています。ラグジャリーなお部屋が15。そのうち8つがラグジャリー・スイートと贅沢なペントハウス風。後者は「Glenshiel」と呼ばれており、最近オープンしたばかりです。15部屋全てがスコットランド高原のサーモン・リバーからその名称を借りています。北国ですが床下ヒーティングを完備。Hypnosベッド(ぐっすりベッド)にイタリア風のシーツで。同ホテルは鮮やかな丘陵に囲まれており、手入れの行き届いたガーデンも。ハーブガーデンも兼ね備えており、キッチンでは採りたての材料として使っております。Royal Dornochでのゴルフ体験は魔法にかけられたようで、一度始めるとやめられません! その他にも無数のアトラクションがあり、ドーノック大聖堂やCarnegie Whisky Cellars(受賞歴アリ)などなど。外へ足をのばすと、サーモン・マス釣りもお楽しみ頂けます。さらにNorth Coast 500(スコットランド最北部500マイルの車道)で爽快なドライブも!4月26日に正式オープン致しました。「Mara(仏教神)のテースト」という新ダイニング・コンセプトで主任シェフのJames McDonaldがプロデュース。スコットランドの伝統的な「ラルデラ」(食料保存庫)からも食材を持ち込んでおります。その他のお食事スポットとしてはCourtroom やCourtyardなど。食べ歩きしてみて下さい!

 

SLHのお薦めポイント:ドーノックの不思議な気候もアトラクションの一つになっております。北極圏から南に経緯度たったの6度。お日様が水平線に沿ってクルクル回っております。ステキな砂浜に、「やたらと長い一日」。ホテル専属のマウンテンバイクガイドとサイクリングを楽しむのもアリです。